1. HOME
  2. 正しいコンタクトレンズの選び方

正しいコンタクトレンズの選び方

コンタクトレンズの種類は大きく分けて2種類あります。

コンタクトレンズには大きく分けてハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズがあり、ソフトコンタクトレンズには、約1年から1年半くらいの耐久性のものと使い捨てタイプのものがあります。まずはそれぞれのコンタクトレンズの特徴からみていきましょう。

ハードコンタクトレンズの特徴

項目内容
視力矯正 光学的に優れています。近視・乱視・遠視・遠近両用・不同視・円錐角膜など、あらゆるタイプの方に適応が可能です。これがハードコンタクトレンズの最大の魅力です
安全性

・角膜が必要とする酸素を通す量が多い為、角膜及び内皮細胞への負担が最も少ないと言えます。

・角膜に異常があった場合には、すぐに発見する事が出来ます。

装用感 慣れるまで個人差はありますが、慣れれば異物感はほとんど感じなくなります。目の中で瞬きと一緒にレンズが動く為、少しゴロゴロした感じがします。
経済性

・耐久性に優れているので、約3年間は作り変えは不要となります。

・すすぎ洗いの際に水道水も使用できます。

・目が乾燥した場合、もしくは激しいスポーツ等の場合に落下して紛失する可能性があります。

スポーツ 装着可能です。(激しいスポーツ及びマリンスポーツは除く)
O2・EX

EXタイプ:O2タイプより約2倍以上の酸素透過性の為、角膜に優しい。O2タイプと比べ耐久性に欠ける。

O2タイプ:洗浄や消毒・装用感はEXタイプと同様。EXタイプより耐久性に優れている。

使用期間 EXタイプ:約2年~3年 O2タイプ:約3年~3年半

ソフトコンタクトレンズの特徴

項目内容
視力矯正 大抵の方に装着可能ですが、乱視の強い方などは視力が安定しません。(乱視専用のコンタクトもあります。)
安全性

・ソフトコンタクトレンズの酸素透過性はハードコンタクトレンズと比較するとやや劣ります。

・直径が大きい為、目にゴミなどが入りにくいのですが、角膜にキズが付いても痛みを感じにくく発見が遅れると、重篤な合併症を引き起こす可能性があるので、定期検査が必要です。

・ソフトコンタクトレンズは汚れが付きやすく、除去しにくいタイプと言えます。

装用感 異物感は、ほとんど気になりません。(個人差があります。)ハードコンタクトレンズと比べると、レンズ自体の動きが少なく、水分を含んで柔らかい為、慣れやすいレンズです。
経済性

・使い捨てレンズは分割購入の為、短期的には低出費ですが、長期的には割高になります。

・ソフトレンズはレンズの寿命が短い為、ハードレンズと比較して割高になります。

・使い捨ての場合は、3ヶ月に一度の検診時に視力を確認してのご購入となります。

・水道水での洗浄・すすぎが一切できません。

スポーツ スポーツをする際の使用に適しています。
使用期間 使い捨て以外は、約1年~1年半

目の状態やご要望によって適したコンタクトレンズが違います

  • 屋外のスポーツをやっている、もしくはやりたい方・・・ソフトコンタクトレンズ
  • 目が敏感で、装用感がどうしても気になる方・・・・・・ソフトコンタクトレンズ
  • アレルギーをもっている方・・・・・・・・・・・使い捨て1Dayタイプソフトコンタクトレンズ
  • ドライアイの方・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ハードコンタクトレンズ

コンタクトレンズによる障害。角膜潰瘍には要注意!!

コンタクトレンズによるトラブルは意外に多く、コンタクトレンズを使用している方の10人に1人は眼障害を起こしているといるという調査結果があります。

日本眼科医会 「コンタクトレンズ眼障害アンケート調査の集計結果報告」

症状の多くはアレルギー性結膜炎ですが、次いで多い症状が「角膜潰瘍」と呼ばれる病気です。

角膜潰瘍とは、目に入った小さな傷などから細菌などに感染していまい、角膜に潰瘍ができる病気のことです。目に違和感がありながらも、ズルズルとコンタクトレンズの装用をし続けたために悪化してしまうというケースが非常に多くみられます。

目に異常を感じた場合は、眼科医の診察を受け、コンタクトレンズの使用の中止を告げられた場合にはコンタクトレンズの使用はただちに中止するようにしてください。進行が進むと最悪失明する恐れもあります。

トラブルを未然に防ぐには、正しいコンタクト選びと正しいケアが大事です。

コンタクトレンズの選び方イメージ

このようなトラブルを防ぐには、きちんと自分に合った正しいコンタクトレンズを選ぶことが重要です。

ただ、本当に自分にあったコンタクトレンズをご自身で見つけるということは、とても難しいことです。なぜなら、パッケージなどでコンタクトレンズの特徴などを読んだだけでは判断できないからです。

やはり、賢いコンタクトレンズの選び方というものは、専門家に任せるのが一番なのです。

穴生コンタクトでは、コンタクトレンズを選ぶ際には、専門医が目の状態をしっかりと診断し、その結果を見ながらあなたの状態や使用用途にあったものを、慎重にカウンセリングを交えながら選んでいきます。

また、購入後のコンタクトレンズのケアの方法についてもしっかりとご説明をし、極力トラブルの少ないコンタクトレンズの使用の仕方をして頂けるように努力しています。

初めてコンタクトレンズをお考えの際は、ぜひ穴生コンタクトにご相談ください。

>>穴生コンタクトへのお問合せはこちら

Copyright© 2013 Ano Contact Lenses All Rights Reserved.