網膜・硝子体手術について

  1. HOME
  2. 手術について
  3. 網膜・硝子体手術について

網膜・硝子体手術について

眼内には硝子体と呼ばれる透明のゼリー状の組織があります。硝子体は網膜剥離の原因になったり、炎症や出血などにより混濁したりして様々な眼疾患に関係します。

網膜、硝子体とは

網膜とは

網膜説明図

カメラで言うと、フイルムにあたる部分で、脳と同じ中枢神経系組織です。10層に分かれていて様々な光の情報を脳へ伝える役割をもっています。

硝子体とは

硝子体説明図

網膜に囲まれた内腔をうめるゼリー状の透明な組織です。網膜や水晶体の代謝に関与しており、99%は水分で残りのほとんどはコラーゲンとヒアルロン酸です。

網膜剥離と手術

網膜剥離とは

網膜剥離説明図

網膜に穴ができて、液化した硝子体が網膜の下に入り込んで網膜が剥離する病気です。視野が狭くなったり、黒い蚊のような物が急に増えたり、光が見えたりといった症状を伴います。進行すると失明の可能性もあります。

網膜剥離の手術とは

網膜剥離の手術、術前・術後の眼球写真

治療は緊急を要します。網膜下の液を取り除き、網膜を復位する手術をします。復位を促すために、外側から押さえたりしたり内側から硝子体の牽引をとりガスで圧迫したりします。

硝子体出血、硝子体混濁と手術

硝子体出血、硝子体混濁とは

硝子体出血説明図

硝子体出血とは、網膜からの出血により硝子体が濁ってしまう状態で、眼の病気以外に糖尿病、高血圧から起こる事があります。硝子体混濁とは、出血以外の原因で硝子体が濁った状態を表します。視力低下、飛蚊症の自覚症状があります。

硝子体出血、硝子体混濁と手術

硝子体混濁説明図

本来透明である硝子体に混濁があると眼底まで光が届かず、視力がでません。よって出血や混濁を除去し視力を回復するのがこの手術の目的です。

黄斑円孔、黄斑上膜と手術

黄斑部とは

黄斑部説明画像

網膜上で中心にあたる部分を中心窩、その周りを黄斑部といいます。黄斑部は視力にとても影響しここが障害されると視力がとても悪くなります。

黄斑円孔と手術

黄斑円孔の手術、術前・術後の眼球写真

硝子体が網膜を牽引し、黄斑部に小さな穴ができる病気です。歪んだり見えにくい症状が見ようとする中心に起きます。手術では硝子体を切除し網膜の牽引をなくします。

黄斑上膜と手術

黄斑上膜説明図

黄斑部の上に膜ができる病気です。膜ごしに物をみるので見づらい、歪むなどの症状がでます。手術ではこの膜を取り除き、網膜のしわを伸ばします。

黄斑上膜の手術、術前・術後の眼球写真

増殖糖尿病網膜症、増殖硝子体網膜症と手術

増殖硝子体網膜症

増殖硝子体網膜画像

硝子体は加齢とともに液化しますが、これにより眼内で動くようになります。この動きにより網膜が牽引され網膜剥離を起こす原因となります。手術では牽引の原因となる硝子体を取り除きます。

増殖糖尿病網膜症

黄斑上膜の手術、術前・術後の眼球写真

進行した糖尿病により、増殖膜や出血が発生し網膜を牽引するため、網膜剥離の原因となります。手術では牽引の原因となる硝子体を取り除きます。